Skip to main content

The University of Tokyo - General Library

The University of Tokyo was established in 1877 as the first national university in Japan. As a leading research university, UTokyo offers courses in essentially all academic disciplines at both undergraduate and graduate levels and conducts research across the full spectrum of academic activity. The University aims to provide its students with a rich and varied academic environment that ensures opportunities for both intellectual development and the acquisition of professional knowledge and ski...



rss RSS

Show sorted alphabetically
SHOW DETAILS
up-solid down-solid
eye
Title
Date Published
Creator
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
このかわら版の表題にも「諸国」とあるが、実際には現在の大阪府大阪市・三重県・愛知県での被害状況が記されているのみである。上段の詞書冒頭では、「御公儀」の治世に感謝を表す言葉が述べられており、無許可でありながらも幕府の目を意識して板行されたかわら版と考える。また、大坂での被害状況が詳細であることから、大坂で出された可能性が高い。但し..
Topic: 災害
東京帝國大學 = Imperial University of Tokyo東京 小川冩眞製版所 1900.4-1904.8 2冊 28×37-38cm [明治33年版] K40:1771 東京大学総合図書館書庫(コレクション室) [明治37年版] K400:257 東京大学総合図書館書庫(コレクション室)...
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
このかわら版は、被災地である現在の東海地方~西日本を網羅する形で描かれており、詞書には当時の国ごとに被災地名と被害状況の概略が記されている。個々の被害記述は簡単であるが、広範囲にわたる被災地についての記述がまとめられており、十一月中旬に板行されたかわら版とされる。また、各国の城下町での被害状況について、簡潔ではあるが数多く記されて..
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
安政二年十一月四日には幕府は火事で焼け落ちた吉原に仮宅(かりたく)(仮の遊廓)の営業を認めた。本作は「瓢箪鯰」に題材を採ったもので、賑わう仮宅に地震鯰が現れたところ、禿(かむろ)と花魁に見つかり、瓢箪に似た形の鹿島の徳利で押さえつけられてしまった、という内容である。「瓢箪鯰」とは大津絵の画題として有名で、丸い瓢?でぬらりくらりとした鯰を..
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 3
favorite 1
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 2
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 4
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 4
favorite 0
comment 0
三枚続きに登場する被害地は名古屋、枇杷島橋、笠松、竹ヶ鼻、鏡村などであり、都新聞付録の石版画が題材とする対象と重なる。実際にこれら各地が一枚の絵のなかに収まるような地理関係にはないことは明らかなことから、作者小国政は東京で販売された写真などを頼りに想像力で三枚続きの錦絵に纏め上げた錦絵と断じてよい。濃尾地震の際には写真が市場に流布..
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
これは扇の地紙(扇面)を模した枠内に、大坂での津波による被害の様相と、地震による被害の挿絵が描かれたかわら版である。大坂市中での被害の特徴は、地震の揺れそのものによる被害よりも、その直後に来襲した津波に押し上げられて、河川や堀川を遡上した大船群の衝突による被害の方が圧倒的に大きかった点である。そのため、このかわら版では南を上にして..
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
安政江戸地震後のにわか復興景気で儲けた屋根屋・材木商人・土方・かわら版屋・車夫などが、地震鯰を神様のようにあがめ、一層儲かるように願いを掛けている。かわら版屋は「わしらなんぞは、火事だの地震だの世間の騒ぎがないと餓鬼道の体相だ」などと述べている。江戸の余震も治まり、建築三職をはじめ建築資材を商う商人や職人たちが大いに潤い、彼らの儲..
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 2
favorite 0
comment 0
江戸時代に教科書とされ、江戸町人に普及した往来物に『小野篁歌字尽(おののたかむらうたじづくし)』がある。これは、漢字の学習のため、偏や旁の共通する漢字を集め、それを覚えるための歌を記したものである。『小野篁歌字尽』のパロディーには、すでに曲亭馬琴の『无筆節用似字尽(むひつせつようにたじづくし)』や式亭三馬の『小野〓[*編集注 竹か..
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 1
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 2
favorite 1
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 5
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
寺社の秘宝などを時期を限って公開することを開帳という。当時は、開帳をより楽しむことができるよう、その秘宝、秘仏の由来などについて、口上を述べる専門の案内人が配置されていた。この「由来記」は、そのような開帳の口上のもじりになっている。開帳されているのは「家根の瓦土蔵菩薩(賽の河原地蔵菩薩のもじり)」と「左官無二如来(釈迦牟尼、あるい..
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 3
favorite 0
comment 0
安政二年十月二日夜の大地震の後、略地図と被害場所を列挙した詞書(文章)により被害状況を伝えた「焼場方角附(やけばほうがくづけ)」が多数出された。多くは墨一色摺りで紙質が悪く、大きさもさまざまであったが、本作は紙を継ぎ合わせた大型作品で、彫りや摺りも比較的良い。江戸城を中心においた地図の情報量も多く、類焼場所と震動による建物の倒壊場所..
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
作者は不明だが、信松堂蔵版と印刻している。被害地情報も比較的正確であるから、『信濃国大地震火災水難地方全図』(II-03-004)と同様に被害地の信濃国で発行された可能性が高い。被害の出た藩、広範な被害の情報を地図に描くことで災害の全体像を伝える工夫がなされている。被害情報のこうした伝え方は善光寺地震を皮切りに幕末まで続く大災害のかわら版情報..
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 1
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
料理屋の引札をもじった摺り物。むき身が「打身」、即席御料理が「即席御りやう治(御療治)」、仕出しが「火出し」、鰻飯が「市地うなんき(市中難儀)めし」、どじょう汁が「どうせう(どうしよう)汁」など、もじりづくしになっている。「御披露」として述べられている口上の内容は、地震について伝えるというよりは、料理屋の引札をいかにもじるか、とい..
Topic: 災害
Topic: 災害
Ishimoto Mishio Collection
texts
eye 0
favorite 0
comment 0
Topic: 災害
Topic: 災害